一般社団法人 パソコン3R推進協会

一般社団法人 パソコン3R推進センターの概要

当協会は、平成16年5月に設立された有限責任中間法人パソコン3R推進センターが平成21年3月に名称変更し、新たに「一般社団法人パソコン3R推進協会」として生まれ変わりました。

当協会は、パソコン及びパソコン用ディスプレーの製造メーカーや輸入販売事業者とともに「資源の有効な利用の促進に関する法律」に基づく、パソコンおよびパソコン用ディスプレーの3R(リデュース、リユース、リサイクル)を促進しています。
当協会の会員は、わが国においてパソコンおよびパソコン用ディスプレーの事業を行っている50社(平成24年6月現在)で構成されており、主要なパソコンおよびパソコン用ディスプレーの事業者の殆どが加盟しています。当協会は、わが国のエレクトロニクス関係業界団体である(社)電子情報技術産業協会とも密接な協力を行いながら、使用済みパソコンの家庭および事業所からの回収・再資源化を推進することはもとより、広く環境に配慮したパソコンおよびパソコン用ディスプレーの普及促進に努力してまいります。

目的

当法人は、パソコンとパソコン用ディスプレーの製造または輸入・販売等の事業を行う者によるパソコンおよびその関連機器の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の促進および、より広く環境に配慮したパソコン等の普及促進に貢献し、もってわが国の循環型社会の発展に寄与することを目的としています。

事業内容

目的に資するため、次の事業を行なっています。

  1.  パソコン等の3Rに関連した事業者の取り組みの普及啓発の促進。

  2.  パソコン等の3Rに関連した事項に関する調査研究および情報提供。

  3.  パソコン等の3Rに関連した統計調査および情報提供。

  4.  事業者によるパソコン等に関する適正な3R活動の促進および支援。

  5.  家庭から排出される使用済みパソコン等の回収および再資源化の推進。

  6.  事業所から排出される使用済みパソコン等の回収および再資源化の推進。

  7.  環境に配慮したパソコン等の設計・製造、情報公開などの基準の作成および普及促進。

  8.  パソコン3Rに関連した国、地方公共団体等との調整および協調の推進。

  9.  パソコン3Rに関連した関連業界、関連団体等との調整および協調の推進。

  10.  前各号に掲げるものの他、当協会の目的を達成するために必要な事業。


事務局組織図

戻る
  • 協会の概要
  • 会員
  • 役員
  • 使用済みのパソコンの回収実績
  • 所在地

ページトップへ戻る